料理を通してコミュニティの絆を深めたい ― ジェスロー君に突撃インタビュー!

こんにちは、グレースシティの結実です!(English follows)

最近グレースシティでは、何やら美味しげなフェローシップディナーが行われているとの噂が流れています。
どうやらオランダ出身のジェスロー君が、フルコースディナーを振る舞ってくれる会が定期的に繰り広げられているとか。

プロさながらの調理の腕前を持つジェスロー君。出てくる料理は、やわらか~いお肉に、何を混ぜたらこんなに美味しくなるの?!というソース。トリュフとチーズの載ったパスタに、ワイン。最後には甘いものを食べたい欲を満たしてくれるデザート・・・。

じゅるる!
そんなジェスロー君のディナーパーティーには、長~いウェイティングリストができているのだとか。

ということで今回は、ジェスロー君に詳しく話を聞いてみました!

Q1. ジェスロー君、教会の友達のために素敵なディナーパーティーを催しているみたいだけど。教会に来始めたばかりの新しい人も誘ったりして、既存のメンバーと深く知り合ういい機会になっているみたいだね。いつからそういう会を始めたの?そして何がきっかけで、そんなディナーパーティーを開催しようと思ったの?開催頻度は?

A1. 初めての開催は2月だったな。いくつかインスピレーションを受けたきっかけがあって。1月に、サトシが新宿の土曜コミグルに誘ってくれて、そこではたまにみんなで料理をすることがあるんだよって言ってったんだ。だから彼に、自分も料理が大好きなんだって言ったら、じゃあ何かイベントをしようよって話になって。最初は自分のアパートで集まろうと思ったんだけど、それだと来れる人数が限られてしまう。そんな時たまたま月島のラウザー家の広いリビングを使っていいことになったんだ。

第一回目はみんなすごく楽しんでくれて、だったら定期開催して、毎回違う人を誘ってみようってアイディアが浮かんだんだ。その時初めて、グレースシティのヴィジョンである「4つのG」のことを聞いたんだ。「God、Gospel、Grace、Gourmet(ガッド、ゴスペル、グレース、グルメ)」ってね!

後は、オランダにいた時、牧師夫妻が教会の人たちを招いてバーベキューや簡単なディナーをたまに催してくれていたことを思い出してね。

大概、土曜日で場所が空いている時に開催してる。前は月1だったんだけど、今では場所が空いていて来れる人が集まれば適宜開催してるよ。

dinner5

Q2. クリスチャンのコミュニティでは、持ちよりパーティーをすることが多いけど、ジェスロー君はディナーのフルコースを出してるよね。そうすることによってどんな違いが出せると思う?オランダではよくあるスタイルなの?

A2. まず雰囲気が違うよね。持ちよりパーティーだと、シンプルだけど美味しい料理を作ったり持ってきたりすることが多くなってしまう。でもフルディナーコースなら色々遊べる。例えば、あのワインならあの料理と合うなとか、味を引き立てるためにあの食材とこの食材を一緒に使おうとか。

もう一つの違いは、ろうそくで照らされたディナーがロマンチックだとかデートに適しているというように、会話が弾む雰囲気になるんだよね。

オランダでよくあるスタイルかというと、そうではないかな~。オランダでは、10~20人のお腹を満たせてカンタンに作れるものが多いかな。パスタにマッシュポテトにスープとか。僕はたまたまグルメ好きで、レストランで食べられるものが家でも再現できるのか好奇心があるんだ。

Q3. このフェローシップディナーの働きを通して、神の国のどの部分を建てることに貢献できてると思う?聖書の中で、インスピレーションを受けた箇所はある?

A3. より親密なコミュニティかなぁ。仕事でも平日に飲み会があるように、同じ教会で同じものを信じる仲間たちも集まって親睦を深めるべきだね!

特定の箇所は思い出せないけど、イエス様もこういう感じの食事を弟子たちとしょっちゅうしてたはず。最後の晩餐もしかり!あと、グレースシティのヴィジョン・サンデーや説教の中でこんなことを言っていたのが印象に残って。「教会の人々は家族みたいなもの。家族はもっと頻繁に食卓を囲むべき。コミュニティとして、もっと食事を共にすべきだ。」ってね。それを聞いて、「アーメン!」って思ったんだ。

dinner6

Q4. このディナーパーティーに参加した人たちに、どんな風に貢献したいと思ってる?教会の外で集まる機会を持つことは、その後の教会生活にどんな影響をもたらすと思う?

A4. 僕は、クリスチャンでいるということは、日曜に教会に行くこと以上のものだと思ってる。もちろん、僕たちは日曜礼拝に参加するように努めているけど、東京にいると、何に対しても時間がないように感じるよね。日曜日でさえ、礼拝の後に仕事に行かなきゃいけない人もいるし、でもそれだと他の人たちとフェローシップの時間を持ちたくても持てなくなる。コミグルも、教会のいろんな人と知り合う機会ではあるけど、コミグルではバイブルスタディに集中するから、コミグル後に一緒に何かをする計画を立てない限り、お互いのことをちゃんと知る機会としては限られているんだよね。お互いのことをもっと深く知り合えば、会話も深まるし、コミュニティとしての絆も深まると思う。

fellowship

Q5. ジェスロー君の料理の腕は・・・ほんとすごいよね!どこで料理を習ったの?今までに作った美味しいものの話とか、料理のアドバイスとかがあれば、教えて!

A5. ありがとう!料理をしようと思ったのは、大学を卒業した後くらいからかなぁ・・・あの時僕はまだ学生用のアパートにルームメイトと住んでた。それで「今は働いててもまだ学食を食べられるからいいけど、ずっとここに居れるわけじゃないんだから、食べ物のこと何とかしなきゃ」と思ってたんだよ。

ちょうどその時に、「食戟(しょくげき)のソーマ」というアニメを見ていて、普段作ってるものよりもワンレベル上のものを作ってみようかなって、インスピレーションを受けたんだ。それで色々ググったら、「The Food Lab」っていうのを見つけたんだ。後は Youtubeで「Gordon Ramsay’s Home Cooking」とか「Gordon Ramsay’s Ultimate Cookery Course」とか、料理系の番組を片っ端から見始めたんだ。料理の腕を磨きたい人がいれば、ぜひおすすめしたいシリーズだね。すごく基礎的なことから高度なことまで色々説明されてるんだ。

料理のアドバイスをするとしたら、作ったことのない料理を試してみたり、色々実験するのを恐れないで!ということだね。レシピを検索してそれ通りに作っても、最初はうまくいかないかもしれない。でも大事なのは、どこで失敗したか学んで、次に生かすこと。

もう一つのアドバイスは、時間をとって良いレストランに行く機会を作ること。味を参考にして、どうやって作ったのか想像してみる。どうやったらこんな味になるのか、何が欠けているのか、自分だったらどうやってもっと美味しく再現できるかとか、色々考えを巡らしてみるといいよ。

最後に、良い料理道具に投資するのを恐れないで!特に包丁ね。僕はいい包丁を手に入れてから、すべてが一段と楽しくなった気がしたから。

Jethro

Q6. 今後、このディナーパーティーはどうなっていくの?今後も開催しつづけると思う?

A6. 導きのままに!7月には月島の場所が使えなくなっちゃうんだけど、サックス夫妻が場所を提供してくれそうで。少人数なら、僕の家で開催することもあるし。でも時間さえ許せば、誰の家でも喜んで料理するよ。

Jethro-with-meal

Q7. 読者のみなさまに、自分に関して知ってほしいことってある?

A7. そうだなぁ、僕が料理が好きな理由の一つとしてあるのは、皿洗いが嫌いってことかな・・・だから、家では自分のために難しい料理を作ることはほとんどしない。しかも、自分だけのために料理するのは、9人のために料理するのに比べて、かなり高くつくしね(残り物も出ちゃうし、大容量じゃないと買えない材料もある)。

あとね、なぜかシーフードはあまり好きじゃないんだな。まぁ何でも質問があったら、個別に聞いてくださいな。

Q8. 最後に、そのパーティーに参加したい人がいたら、どうしたらいい?

A8.日曜日に教会で気軽に声かけて!もし何かイベントを開催するとかであれば、キッチンに広さがあれば喜んで料理するよ。

 

ジェスロー君ありがとう!今後もこのパーティーがどうなっていくか楽しみですね。

私は個人的にジェスロー君のディナーパーティーに参加して、とても刺激を受けました。美味しいものって本当に人を和ませて、幸せな気持ちにさせてくれるなぁと。

インターネット上の誰かが「料理は、食べられる形の愛」と言っていて、とてもお気に入りのフレーズなのですが、ジェスロー君はまさに料理を通してコミュニティに愛を振りまいてくれているんだなぁと思います^^

—-

Hi everyone, this is Yumi from Grace City Church Tokyo!

Recently in our church, everyone is raving about this secret fellowship dinner parties that smell pretty yummy…It seems that this guy Jethro from the Netherlands has been hosting fun parties that come with delicious full course dinner.

Jethro cooks like a pro. He serves tender meat with some secret sauce that tastes like heaven. Pasta with shredded cheese and truffle, and delicious glasses of wine. Finally, a plate of dessert that satisfies your sweet tooth…drool!

It seems that there’s been a long waitlist for Jethro’s dinner party already.
So, I’ve decided to interview Jethro this time to find out what the heaven is going on!

 

Q1. We heard that you’ve been hosting nice dinner parties for church friends, and also inviting relatively new people at church, serving to provide opportunities for people to sit down and get to know each other better. When did you start it? What inspired you to host such dinner parties? And how often do you host it?

A1. I think it started in February. There were several sources of inspiration; in January Satoshi invited me to the Shinjuku community group on Saturdays and told me they sometimes cook too. Then I told him that I love cooking and we should hold an event at some point where I do the cooking. At first we were going to hold it in my place, but because the amount of people I can invite is limited we ended up using the Lowthers’ place in Tsukishima because the place is temporarily open.

The people really enjoyed it during the first time and the idea was born to repeat this event with different people each time. At that time I heard for the first time about this 4 Gs in GCCT: God, Gospel, Grace, and Gourmet! Well, you know what they say… eat, pray, love. The other thing that inspired me was that back in the Netherlands my pastor and her husband used to invite other church people too for barbeque or simple dinner occasionally.

Generally on Saturdays whenever the place is available, it used to be once a month, but lately just whenever the place is available and if there is enough interest.

Q2. In Christian community, mochiyori(potluck) parties are more common. But you serve like a full dinner course. How do you think it makes difference? Is it a common style in the Netherlands?

A2. I think the atmosphere is different. With potluck parties, you are often limited to making and bringing mostly simple comfort food, whereas in a full dinner course you can go all out thinking of e.g., what wine pairs well with what type of food, how does the ingredients work together to elevate the taste, etc. Yet another difference is, I think there is a reason why a lot of people find candlelight dinners very romantic or fitting for a date — it somehow creates an atmosphere that encourages talking to the other person.

I certainly think it’s not a common style in the Netherlands — they usually make something that is easily cooked for 10-20 people (think of pasta, mashed potatoes, soup, etc.), I just happen to like gourmet food and was at some point curious if it can be recreated at home.

 

Q3. What part of God’s kingdom are you wishing to be building through this fellowship dinner? Are there any verses you were inspired?

A3. A closer community I guess… if people at work during working days have nomikais, there should be no reason why people from the same church or the same religion should not have one!

I can’t really think of a verse, but Jesus had these kind of meals with his disciples pretty often — even the last supper is one of them! And I can still remember at some point that during GCCT Vision Sunday, but also in one of the sermons the following was mentioned: ‘Church people are like family, and family members should eat more often with each other!’ and ‘We should eat more often as a community!’ At that time I thought: ‘Amen.’.

 

Q4. What are you wishing people to take away from these dinner parties? I mean in what way do you think will help people to have such opportunities to meet outside the church?

A4. I think that being a Christian is more than just going to church on Sundays. Of course we do our best to make time to go to the church on Sunday itself, but being in Tokyo, we find ourselves with very little time for everything. Even after church some people still need to go to work, which greatly limits their time to have fellowship with other people even if they wanted to. Small community groups are of course another opportunity to meet other church members, but I think that because those small groups focus more on bible study, the chances of getting to know another person better is still limited unless you plan something afterwards. Once people know each other better, maybe they would feel more inclined to initiate a conversation or anything else, which can in turn strengthen the community.

 

Q5. Your cooking skill is like…wow, amazing! Where did you learn to cook? Please tell us about your masterpiece, and give us a bit of your cooking tips if any 😉

A5. Thank you! The idea of learning to cook came from about when I graduated from university… I was still living in my student apartment with a roommate and thought: ‘Alright, I am now working for the university instead of being student, but the food won’t serve for a lifetime. So why not take it more seriously and do it well while I’m at it?’. At that point I was also watching the anime ‘Shokugeki no Soma’ which inspired me to cook at home beyond the usual stuff I cooked. I dug deeper into on the Internet and found ‘The Food Lab’ and started watching Youtube videos on how to cook and came across ‘Gordon Ramsay’s Home Cooking’ and ‘Gordon Ramsay’s Ultimate Cookery Course’ for those who want to improve their cooking game, I highly recommend watching the series as he also explains the very basic things.

A good tip I would like to give is: Don’t be afraid to experiment or try a dish that you have never made before! You can search and follow a recipe as is and you might not succeed the first time, but the important thing is to learn what you did wrong and improve for the next time. Another thing is to take the time to visit some nice restaurants, taste the food as reference and try to imagine how they made it, what made it special, what was lacking and how can you recreate it or even further improve it. Lastly, don’t be afraid to invest in good kitchen equipment — especially in a good knife. I felt like everything became much more fun once I had a really good knife.

 

Q6. Where is this dinner party going? Are you planning to continue hosting it?

A6. Wherever it will take us! Even though Tsukishima place won’t be available after July, there are already plans to continue beyond that thanks to Sacks who are willing to co-host future events. For events with smaller groups of friends I also started hosting at my own apartment, but I would gladly cook if time permits at anybody’s home.

 

Q7. Is there anything you want our readers to know about you?

A7. Maybe one of the reasons I like to cook is because I don’t like washing the dishes… which is why I rarely cook difficult dishes for myself at home. Not to mention, cooking for only one person is quite expensive (because you usually end up with leftovers or some ingredients can be bought only in bulk) compared to cooking for nine.  Oh and I also don’t like seafood that much for some reason. For any other information, I welcome our readers to ask me about anything they would like to know.

 

Q8. Lastly, how can people reach you if they want to join your party?

A8.Talk to me on Sunday in GCCT or on any other way. If you are organizing an event, I wouldn’t mind cooking as long as the kitchen is big enough.

 

Thank you Jethro! It’s so exciting to see where this dinner party movement is going.

I personally was invited to his party as well, and I was so inspired how much delicious things make people feel relaxed and bring happiness.

My favorite quote from somebody on the internet was “Cooking is an edible form of love.”

I truly think Jethro is bringing love to the community through his love of cooking!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中